2010年06月04日

医療機関でも使用される強力な機械でくしゃみ知らずに。

予防医学の分類:第一次予防 疾病の予防。健康増進と特異的予防に分かれる。花粉は一見では1個の細胞に見えるが共通の細胞壁内で細胞分裂が進んでおり、栄養細胞と生殖細胞が分化している。花粉管発芽の初期段階では、養水分の吸収による花粉の膨潤、花粉の発芽孔からの花粉管の伸長開始、花粉管の柱頭内への進入と続く。予防(よぼう)とは、想定される悪化に対して事前に備えておくこと。1947年に設立された国立予防衛生研究所を前身とする。 第一章 総則(第1条・第2条) 第二章 予防接種の実施(第3条―第10条) 第三章 予防接種による健康被害の救済措置(第11条―第18条) 第四章 雑則(第19条―第27条) 予防接種 感染症 公衆衛生。「予防措置(precautionary measure)」の語は、国際的には、オゾン層の保護のためのウィーン条約(1985)、モントリオール議定書(1987)などにあらわれている。EUでは1992年のマーストリヒト条約で環境政策上の基本原理として「予防原則(precautionary principle)」の概念が導入されたが、その具体的な定義はされていない。一般にいわれる花粉 空気清浄機は、微粒子とにおいの両方をバランスよくきれいにすることを目的としたものといえる。予防戦争(よぼうせんそう)とは、対立国家・勢力による将来の攻撃が予想される状態で、先手を取って行う戦争のことである。 接種(せっしゅ)は、多くの場合、接種#予防接種 予防接種のことであるが、本来は種を植え付けることである。92年に国連総会においてブトロス・ブトロス=ガーリ国連事務総長の報告によって、紛争予防の方向性が示されたことによる。具体的には適切な治療、傷病進行阻止、理学療法、作業療法、機能回復訓練、言語聴覚療法、視能訓練、介護予防、職業訓練、適正配置などがあげられる。
posted by ohgoo at 09:37| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。